学校生活

   ホーム  >  学校生活 [ TOPICS ]
06|2018/07|08
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031



カレンダーと同期

2018年3月3日

卒業証書授与式

 平成29年度卒業証書授与式が行われました。
 ご列席いただいたご来賓の皆様並びに多くの保護者の皆様に見守られながら、福岡魁誠高校第13期生268名が卒業しました。

 


 


 

式 辞

 

 日本列島に春の嵐をもたらした低気圧が遠く去り、本日の天気は、生徒の卒業を祝うかのように「快晴」です。粕屋は穏やかな陽気となり、校庭の百本の桜の蕾も膨らみを増してまいりました。このような良き日に、県教育委員会をはじめ、多数のご来賓、並びに保護者の皆さま方のご臨席を賜り、平成29年度福岡県立福岡魁誠高等学校卒業証書授与式を挙行できますことはこの上ない喜びであります。

 ただいま、卒業生268名に、その証である卒業証書を授与いたしました。福岡魁誠高校第13期生の皆さん、本当に卒業おめでとうございます。わたくしは、1年次の時は副校長として、2年次・3年次の時は、校長として、皆さんの成長を見させてもらいました。

入学当初、中学生っぽさが抜けきれず、幼かった皆さん。本校の特色ある行事や部活動を通じて、高校生らしく変わっていったものの、2年次まではもう一歩という状態でした。しかし、3年次になると、一転しました。湧き出るように多くの生徒が急にたくましくなりました。最高年次としての立場と責任、逃げられない状況、覚悟を決めてくれたのでしょう。13期生が、集団として覚醒してくれました。人の覚悟は人間を変える、成長させる。13期生が頼もしく見えました。

元来、いつも明るく、元気。時には失敗もするけれど 憎めない可愛らしさ。何事にも一生懸命に取り組む姿、そして、思いやりのある心をもつ皆さん。赤ちゃんをつれたお母さんへのさりげないサポートで、感謝の手紙が届いたのも、13期生の話でした。校長として、心温まる話を聞くことができ、嬉しくもあり、また、誇らしくもありました。

さて、皆さんの入学許可は古川前校長が行いました。その際、2つの課題を提示され、続けて、今日から皆さんは「小さな大人である」責任と自覚を持てと述べられました。覚えていますか?1つ目の課題は、「皆さんは自らの進むべき道としてこの福岡魁誠高校を選択した。ゆえに3年間かけて自らの選択が正しかったという証明をして欲しい。そのためには、勉学に励み、部活動や学校行事に打ち込み、自らの能力を遺憾なく発揮し、より良き人間関係を築き、一生の宝となる友をつくって欲しい。」2つ目の課題は、「高校時代にこれからの人生を生きるための倫理観、もしくは価値観を築いて欲しい。何が真実か偽りか、どのようなことが善か悪か、どのような姿が美しいか醜いか。その基準は、自己本位のワガママな思考や感情ではなく、人類普遍の域で判断できるようになって欲しい。」以上の内容でした。

1つ目は、高校生としての課題。2つ目は、人間としての課題です。大人としての課題ともいえましょう。皆さんには、まず、高校生として、その存在をかけて精一杯頑張って欲しい。しかし、それだけに止まらず、さらにもう一歩、人間性を高めること、人としての深みをもつことを望まれたのです。「高校生」と言う存在は、時に、未熟であることを許される存在です。「大人」は、未熟であることを許されない存在です。弱い高校生は、都合よく、この2つの存在を使い分けます。古川校長は、「一人の大人の存在として」、逃げないで欲しいと願ったのだと思います。

古川校長の課題に対する皆さんの回答は、各自に任せることにして、私は、皆さんの卒業にあたり、次の言葉を送ります。皆さんは、今日までは、未熟さを許される「高校生でした」、しかし明日からは「大人」です。逃げられません、覚悟を決め、責任と自覚を持って自ら選んだ自分の人生を歩んでください。覚醒と人生の覚悟は比例する。自分の人生から逃げないと覚悟を決めたその瞬間、人生はあなたの手の中へと入ると言います。皆さんならできるはずです。

現代は「先行きが見えない不確実な時代」と言われます。10年~20年後の未来は「労働人口の半分がAIやロボット等に代替される」「既存の仕事の約半分は無くなる」と言われています。皆さんの進む道、その先は、今まで以上に、厳しいことや辛いことが、待ち受けているかもしれません。しかし、どんな大きな壁にぶつかっても、本校での経験をもとに、必ず乗り越えてくれると信じています。

 最後に、保護者の皆様に申しあげます。大切なお子様が、人生の節目の1つである、高校卒業を無事に迎えられました。心からお喜び申し上げます。この3年間、学校にお寄せいただいた数々のご支援、ご協力に対し、ここで改めて深く感謝を申し上げます。ありがとうございました。卒業生の皆さんの夢の道「The Way To My Dream」が、祝福される道であることを祈念致しまして式辞といたします。

 

平成30年3月3日

 

福岡県立福岡魁誠高等学校長 跡部 秀之

 

 

  


 ホーム
福岡県立福岡魁誠高等学校〒811-2317福岡県糟屋郡粕屋町長者原東5丁目5番1号
Tel:092-938-2021 Fax:092-938-0127