学校紹介

 学校案内

学校の概要

本校は糟屋郡立農学校として大正元年に創立され、本年創立102周年を迎えます。

 

平成15年4月、総合学科高校として再スタートを切り、「至誠、礼節、勤労」の校訓の精神を引き継ぎながら、生徒一人一人が作成した時間割で学び、自らの進路を切り開く、主体性をはぐくむ教育を展開しています。

その成果は年を追うごとに顕著に表れ、大学進学の飛躍的増大や、優良企業への就職決定など、生徒の進路実現についても充実しています。


本校は「徳育」を教育の基盤に据え、その上に知育と体育を積み上げていきます。長い伝統の上に、「総合学科」の花を咲かせる、生徒一人一人に寄り添う教育を展開します。

 

校訓

 

教育目標

 自然を愛し、英知と創造性に富み、心身ともに健康で個性豊かな人間を育成する。
 
 

本校がめざす学校像

 ・豊かな人間性を育てる学校

 ・生徒一人一人の個性を伸長させる学校

 ・生徒一人一人の進路目標を実現させる学校

 ・地域社会から愛され、信頼され、共に発展する学校

 ・地域の教育文化の中心となる学校

 

 

本校がめざす生徒像

 ・明るくさわやかに挨拶する生徒

 ・自ら考え、判断し、行動する生徒

 ・他の痛みを自分の痛みとする生徒

 ・感謝、尊敬を重んじる生徒

 ・愛校心に燃え、誇り高い生徒

 ・志をもち、社会に貢献する生徒

 
 

本年度の学校運営方針

「自らを創造する心」「自らを律する心」「自ら学ぶ意欲的な心」の育成を柱に、総合学科の特徴を生かした教育内容において確かな学力の向上と豊かな人間性を育む教育活動を実践し、志をもってたくましく生きる人間の育成を図る学校教育を推進する。

 

 ホーム